2021
11
Aug

テクノロジー

【スマートホームへの道②】誰でも簡単!15分でAmazon Echo Dotを設定しよう

smart-speaker-scream

はい、Kamekichiです。

台風10号が通り過ぎて関東各地では36度近い猛暑日になる今日この頃です。40度まで上がるとこもあるとかないとか。ということでコメダ珈琲店で涼みながら書いていきます。

 

今回は、【スマートホームへの道】第2回ということでスマートスピーカーの使い方を紹介します。

 

前回は、スマートスピーカーって何なの?どうやって選べばいいの? という記事を書いたので読んでない方は是非ご参考にしてください。

 

Kamekichi
Kamekichi

早速続きをやっていきましょう。

 

準備する物

スマートスピーカーを設定するために以下のものを用意しましょう。

  • スマートスピーカー
      → 本記事ではAmazon Echo Dot(第3世代)を使用して説明します。
  • スマートフォン
      → 本記事ではiPhoneを使用しますが、Android系でも問題なしです。
  • インターネット
      → 自宅のインターネットのSSIDとパスワードを用意しましょう。

 

アカウントを作成しよう

Amazon Echoを設定するためには、Amazonのアカウントが必要になります。アカウントを持っていない方は、ブラウザでAmazon登録ページにアクセスしてアカウントを作成しましょう。

スマホで見た画面

PCで見た画面

スマホかPCかでページのレイアウトが若干異なりますが、以下のとおり情報を入力して
Amazonアカウントを作成する ボタンをクリックしましょう。

  • 名前(姓名)
      → 氏名 or ニックネーム。本名でなくても大丈夫です。
  • フリガナ
      → カタカナで。
  • Eメールアドレス
      → ログインの際に使います。大切な情報が届くこともあるので、確認しやすいアドレスがGood。
  • パスワード
      → 6文字以上で設定。忘れんごとね。

 

入力したEメールアドレス宛にAmazonから認証用のコードが届くので確認してください。

メールに届いているコードを画面に入力し、アカウントの作成 ボタンをクリックしましょう。
最近は、この二段階認証が当たり前になっていますね。

 

Kamekichi
Kamekichi

これでAmazonアカウントの作成は完了や。

 

補足

Google製のスマートスピーカー(Google Nestなど)の場合、Googleアカウントの作成が必要になります。

 

スマートスピーカーを設定しよう

続いて、作成したAmazonアカウントを使用してAmazon Echoの設定をしていきましょう。ここからが本題ですね。

Amazon Echoの設定をするために、スマホと専用アプリ(Alexaアプリ)が必要になります。

まずは、スマホにAlexaアプリをインストールしましょう。以下のリンクからインストールしてください。

Amazon Alexa
Amazon Alexa

 

アプリをインストールしたらAmazon Echo端末の準備です。電源ケーブルを繋いでAmazon Echoをコンセントに接続します。

Amazon Echo端末のアクションボタン(丸点のボタン)を5秒ほど長押しすると、オレンジ色のライトがぐるぐる回り出します。と同時に「セットアップモードがオンになりました」のようなアナウンスが流れます。文字通り、設定モードに切り替わります。

端末の準備ができたら、スマホにインストールしたらAlexaアプリを起動します。起動すると、ログイン画面が表示されるので、先ほど作成したAmazonアカウントのEメールアドレスとパスワードを入力して

ログイン ボタンをタップします。

Amazonアカウントで設定した名前を選択し、アクセス許可を選択しましょう。

※連絡先の情報は、Amazon Echoで通話やメッセージ送信をする際に使用します。通話やメッセージ機能を使う予定がない人は「後で」としておくといいでしょう。

Alexaアプリの初期画面が表示されます。Echo端末をセットアップモードにしていると、セットアップできる旨のメッセージが表示されるので、次へ ボタンをタップします。

 

補足

セットアップできる旨のメッセージが表示されない場合は、Alexaアプリからセットアップする機器を選択しましょう。

 

接続するWi-FiネットワークのSSIDを選択し、パスワードを入力しましょう。接続された旨のメッセージが表示されればWi-Fi接続成功です。

Echo端末がある部屋を選択します。選択した部屋を「グループ」として家電を操作することになります。適当な部屋を選びましょう。

言語は、特にインターナショナルにこだわらなければ日本語を選択します。

該当のボタンをタップしていけばAmazon Echo端末のセットアップが完了です!

 

Kamekichi
Kamekichi

……ふぅ。これで完了や。お疲れ様です!

「試してみよう!」のセクションが始まって、Alexaが音声操作の方法を教えてくれるで。

練習で「アレクサ、バナナをカートに追加して」とか言わされるけど、実際にAmazonでバナナをカートに追加されることはないから安心して笑

 

これでAmazon Echoの基本的な音声操作が可能になります。以下のようなことをAlexaに話しかけてみてください。

  • アレクサ、今日のニュースを教えて
  • アレクサ、明日の東京の天気を教えて
  • アレクサ、下呂温泉について教えて
  • アレクサ、「飛行機」は英語で何て言うの?
  • アレクサ、月までの距離を教えて
  • アレクサ、15時になったら教えて

 

 

補足所在地の天気を教えてほしい

Alexaに「明日の天気を教えて」と地名を含めずに話しかけた場合、Alexa Echoの所在地の天気を教えてくれるのですが、所在地が設定されていないと毎回地名を伝える必要があります。

ここでは、Alexa Echoの所在地を設定しましょう。

Kamekichi
Kamekichi

不要な人は読み飛ばしてもらっていいですよー

 

Alexaアプリを開いてください。フッターメニューから「デバイス」をタップして、セットアップ時に選択した部屋(グループ)を選択します。次の画面でAlexaを選択します。

(Alexaの名前は下のキャプチャと異なる可能性があります。)

右上の歯車のボタン(設定ボタン)をタップして、「デバイスの所在地」を選択します。

デバイス(Amazon Echo)の所在地を入力するのですが、入力するのは一番下の郵便番号だけでOKです。

日本になっていることを確認して、郵便番号を入力し、保存ボタンをタップします。そうすると、次の画面で市区町村名が表示されるので選択ボタンをタップしましょう。

これで所在地の設定が完了です。試しに「アレクサ、明日の天気を教えて」と話しかけると所在地の天気を教えてくれるかやってみてください。

Kamekichi
Kamekichi

はい、今回はここまでです。

 

おわりに

今回は、Amazon Echo Dot(第3世代)を使ってスマートスピーカーのセットアップを説明しましたが、基本的に他のメーカー、製品も大きな違いはないと思います。スマホのアプリと連携し、アプリが示す手順に従って進めていけばセットアップは比較的簡単にできます。

ただ、スマートスピーカーとアプリがうまく連動しなかったり、Wi-Fiネットワークの設定ができなかったりすることがたまにあるかもしれないので、落ち着いて調べながら対応してください。

Kamekichi
Kamekichi

ワイも初めてスマートスピーカー導入した時は、ネットワークの設定とかで詰まったからなぁ。

次回は、いよいよ音声で家電を操作するためのスマートリモコンの話をしていきます。

 

ではでは。