2021
11
Sep

くらし

【本当にやってよかった入居時やること完全版】「害虫・カビ・床の傷・汚れ」対策、綺麗を保つための19選!

こんにちは、引っ越し族のHarusaiです。

 

テレワークやおうち時間が増え、平日も土日もお家にいるとなるともう少し広い家がいいなぁということで、

安定期に突入し、今がチャンスとばかりに念願のテラスハウスに引っ越しをしました!

 

入居時の綺麗な状態を保つために、ネットで情報を調べつくし

実際にやってよかった入居時やることリスト完全版をお届けします!

Harusai
Harusai

早速いきましょう!

害虫対策3選

害虫と言えば、一番恐ろしいのがゴキブリ…!

Harusai
Harusai

いきなりGのお話から失礼いたします…

家の中で見かけるGは外から侵入するものがほとんどで、排水溝や給排気口など、小さな隙間から彼らはやってくるようです。

G対策の基本は、侵入経路を塞ぐこと!

以下3つは必ず実施をおすすめします!

 

1.ブラックキャップ配置

玄関やテラス、ドアの開け閉めが発生するところは隈なくブラックキャップを配置して侵入をブロックしましょう!

 

 

2.室外機のホースにドレンキャップ

意外と盲点なのがエアコンの排水ホース(ドレンホース)。

実はドレンホースはむき出しの状態で野外に放置されていることがほとんどなのです。

ホームエアコン用のドレンホースは内径20mm未満で、小型のゴキブリなら入ってくる可能性があります…

 

Harusai
Harusai

こ、こわすぎる…

装着も簡単なので、サクッとホースの先にドレンキャップをつけてしまいましょう!

 

 

3.配管と壁の間に隙間パテ

配管と壁の隙間からもGが侵入してくる可能性があります…

シンクしたの排水パイプと洗面台下は、粘土上の固まらないパテでしっかり埋めておきましょう!

こちらは埋めるのも外すのも簡単です◎

 

 

おまけ

入居時の鉄板、「バルサンは焚かなくてよいの?」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

バルサンの公式サイトによると、使用方法に従って正しく使えば、人体・ペット・電化製品などに害を及ぼすことはないということですが、

燻煙中は家の中にいてはいけないということは、燻煙剤の中に「吸い込んではいけない」何かが入っているということ。

 

自分自身が妊婦ということもあり、健康被害とバルサン後の拭き上げの手間、家電搬入との調整の面倒さを考えバルサンは必須ではないかなと個人的には思います。

 

お風呂対策3選

お風呂で気をつけたいのは、何と言っても水垢とカビ

掃除の回数を減らせる仕組みも最初に作っておくことが大事です!

 

1.鏡に曇り止め

鏡の曇りは結露の水滴に光が乱反射して白く曇ってしまうもの。

水滴は鏡を曇らす上に、そのままにしておくと水垢の原因になってしまうので、

水垢防止の意味でも、曇り止めは最初の綺麗な状態で

お風呂と洗面台の鏡に塗っておくことをお勧めします。

 

私が使ったものはとっても塗りやすいのですが、

「出てるかな?」と本体を強く押して液を出し過ぎると、 鏡に液だれして見た目がわるくなってしまうので、液だれしない程度の力具合で塗るのが大切です。

 

わたしのように強くやり過ぎるとこうなり、効果が消えるまでこの状態です。

大事なことなので、もう一度言いますが、みなさまぜひ「液だれしない程度の力具合」で!

 

2.お風呂の防カビくん

気づくと発生するピンクカビ…

防カビくんはお風呂グッズも一緒に防カビができるのでとっても便利。

 

引っ越し後の綺麗な状態で一度焚いて置き、その後2ヶ月に一回焚くことでカビ掃除の手間を軽減できます!

2ヶ月に1回焚くことを考えると、3個パックがおすすめです

 

 

3.換気扇フィルター

フィルターを付けてみるとビックリ。意外と換気扇は汚れるものなのです…

換気扇掃除は面倒なので、入居直後の綺麗な状態で換気扇フィルターを張り、

「取り替えてね」のサインが出たら、フィルターを取り換えるだけで楽に綺麗を保ちましょう!

換気扇は家によってサイズが違うので、フィルター購入の際はサイズにお気をつけて!

Harusai
Harusai

私は入居前に勘で買ったら、見事にサイズ違いでした…

(でもトイレ用に使えて一安心。。)

 

トイレ対策4選

1.便器と床の間に隙間フィル

ちゃんと掃除をしているのに「なぜか臭う…」という時はトイレと床の隙間から臭っている場合があります。

それはなぜかというと、水や尿が便器と床の間から侵入してくる模様。。

 

この隙間を埋めるのに便利なのが「トイレのスキマフィル」

トイレを使う前に一応一通り掃除をして、乾かした後に施行します!

 

DIYをしたことがない私でも、途中ぼこぼこになりながらも無事一回りコーティングできました。

見た目も透明で目立たず、臭い防止効果も高いので、ぜひお試しください!

 

 

2.トイレクイックル、流せるブラシで掃除

我が家のトイレ掃除の鉄板。中古物件なので、クリーニングされているとはいえ、あまり信用していません。。

トイレクイックルでの拭き上げ、流せるブラシでの掃除は使用前にやっておくと安心です。

 

 

3.トイレスタンプ

トイレスタンプは便器の汚れ防止に最適。流せるブラシで掃除した後に「ポンッ」とスタンプしておきましょう。

慣れるまで力加減が難しく、うまくスタンプのお花を咲かせられませんでしたが、

綺麗コーティングをしてくれる上にいい匂いもさせてくれるので、

気になる方はぜひ一度だまされたと思ってお試しください!

 

  

4.換気扇フィルター

驚くことに1ヶ月くらいでトイレの換気扇フィルターの取り換えサインがでました…

意外と汚れるのは早いので、入居後綺麗なうちに貼っておきましょう!

 

キッチン対策4選

1.冷蔵庫下に保護シート

床の傷やへこみ、汚れ防止に便利な保護シート。

引っ越し前に旧居の冷蔵庫下が恐ろしく汚れているのを見て、新居では保護シート導入。

冷蔵庫を配置してしまうと動かすのがとても大変なので、冷蔵庫の搬入前に敷いておくとよいと思います!

 

 

2.コンロの隙間に隙間フィル

意外とゴミがたまる上に、掃除が面倒なコンロのスキマ。

こちらにはトイレに使う前に、トイレのスキマフィルを活用!

コンロのスキマとトイレのスキマどちらにも使って丁度1本で足りました◎

Harusai
Harusai

こんな感じで透明にはなりますが、

夫はしばらく「違和感が…w」と言っていました。笑

 

3.収納に汚れ防止シート

調理台下の引き出し式のキッチン収納には、汚れ防止シートを敷きました。

旧居では引き出した時に中のものがガチャガチャ動いてしまう上に、

意外とそこにゴミや調味料の汚れがたまってしまうので、

滑り止め兼汚れ防止として、調理グッズをしまう前に敷いたら少なくともガチャガチャ動くのが防止されストレス軽減されました。

 

4.換気扇にフィルター

旧居でいつも面倒で見て見ぬふりばかりしていた換気扇掃除。

油がべったりついてからでは掃除が本当に大変。

汚れる前に換気扇フィルターを貼っておき、掃除はフィルター交換だけ手間なし掃除に変えました。

Harusai
Harusai

ちなみに我が家は入居1ヶ月経たずに、もう淵がこんなにも汚れております。。

 

5.冷蔵庫上、食器棚の上にサランラップ

冷蔵庫や食器棚の上は埃がたまりやすいものの、高さもあるので掃除をさぼりがち。

サランラップを敷いておいて掃除はラップの張替えだけの楽々掃除に転換しました!

 

その他4選

1.靴箱に消臭シート

靴箱は外で履いたものを入れるので、直接下駄箱に直置きしてしまうとあとで掃除が大変!

  

シートを敷くと下駄箱が汚れない上に防湿・消臭効果も初めは期待できるので、

靴を入れる前に敷いておくのもよいかと思います!

 

シートはおそらくどれも大差ない?と思いますが、

こちらのシートは真っすぐ切りやすい模様で設置に便利でした

 

 

2.シンク・洗面台に撥水スプレー

水滴は水垢の原因、綺麗なうちに撥水スプレーをしておきましょう!

 

 

3.エアコンほこり取りフィルター

エアコンの溝にたまるゴミやほこりを防いで、内部のフィルター汚れを軽減できるもの。

エアコン内部に埃や花粉が入るのを防止できるので、貼っておくと安心です。

 

 

4.マスキングテープ

洗面台やキッチン回りなどにあるゴムパッキンの部分。ここは汚れが溜まりやすい上に掃除が本当に大変…

埃や油などが付着する前に、マステで保護しておくと後の掃除はマステを張り替えるだけでとっても簡単。

ダイソーで「防カビ剤入りのマスキングテープ」が市販されているので、大量買いしておくと便利です!

 

おわりに

一見やることが多そうですが、やってみたら意外と時間のかかるものはありません。

最初にこれさえやっておけば快適な新居生活が待っていますので、ぜひ後々苦労する前にやっておかれることをおススメします◎

 

皆さまの新居生活が快適で楽しいものになりますように♬